diary

  • 2015.10.29

M3お疲れさまでした。

そしてわざわざ来ていただいて、僕のCDを手に取ってくれはった方、
本当にありがとうございます。

すでにお持ちの方も、これから通販で買ってやるよって方も、
中身の曲を聴くことはもちろん、
物を手に入れる、物に触れる、何かを開封する、
そんな愉しみを感じていただけたら嬉しいです。

ツイッターでも言った気がしますが、
僕の曲を聴いたり、曲に興味を持ってくれる方と触れ合えるのが、
すごくうれしかったです。

お名前教えていただいて、お顔が一致した方もいたし、
お名前おっしゃらなかっただけで、
ツイッターとかでお話しさせていただいた方もいるんだろうな、と思うと、
嬉しいような照れくさいような。

もし逆の立場なら僕は確実に後者の類の人間で、
名前つたえときゃ良かったなーって後悔してる気がします。

今回ので味を占めたわけではないですが、
自力でM3に出る楽しみを感じてしまったので、
もしかするとこのまま生き永らえてたら、
そのうちまたCDを出すかもしれません。

その折には、また気にかけてやっていただけると嬉しいです。

それではまた。